鯖の塩焼き|ひと手間かけてふっくらジューシーな焼き上がり


調理時間:40分

おおよその費用:400円

オシャレ難易度手間家族評価

材料(2人前)

サバ半身:2枚

酒:少々

おろししょうが:少々

塩:少々

油:少々

下準備

01.鯖の半身全体に塩をふり15~20分おき水気をペーパータオルで取る(半身なら2g前後)

02.酒とおろししょうがに10分漬ける

手順

01.フライパンに油をひき、皮面から中火で4~5分程度(パリッとなるまで)焼く

02.皮面が香ばしい焼色になったら、身の方を弱火で4~5分程度焼く。

コツ、ポイント

  • 塩は振るタイミングによって、味がかなり変わります。
  • 鯖は皮面から焼くようにします。
  • 酒とおろししょうがに漬けるひと手間も大事です。
けけけ

グリルで焼いた方が皮面はパリッとジューシーに仕上がりますが、フライパンでも充分ふっくらジューシーに仕上がります!


塩を振ってから何分おくのが一番いいのですか?

お好みです!塩を振ってからおく時間が短いと生臭さを感じますがふっくら仕上がり、逆に長いと生臭さは感じなくなりますがふっくら仕上がらないです。

なぜ酒に漬けるのですか?

酒をふくませた方が、臭み軽減とふっくら焼き上がる効果があります!

皮面から焼くのはなぜですか?

きれいに焼き上がるからです!

鯖の皮は食べれますか?

食べれます。ビタミンAが身よりも含まれております!


けけけ

ただ焼く前に塩振って焼くよりも仕上がりがかなり違うので、この機会に一度お試しください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

辻調理師卒/料理歴10年以上
働いたことがあるキッチン
フレンチ・イタリアン・カフェ・ベトナム料理・高級焼き鳥・和食。

現在はベンチャー企業のリーマンです。
営業・現場責任者・マーケティング・新規事業。

料理人時代の経験を活かした料理レシピ・現在のベンチャー企業で波乱万丈から学んだ経験等を配信しています。