BMP|マーケティングスクール|卒業生の私がおすすめする理由

この記事を見ているということは、BMPのマーケティングスクールに興味がある方ではないでしょうか。

もしくは、マーケティングスクールを検討していて、他社と比較しているのではないでしょうか。

結論から述べます!

私はBMPをおすすめします!

けけけ

実際に今年(2024年)卒業した私が本音をお伝えし、参考になれば幸いです!


・受講料が安くはないので、決断に悩んでいる
・3ヶ月頑張れば本当に実践できるのか不安
・コツコツ勉強するのが苦手で続くかわからない
・実際に何を学ぶのか想像がつかない
・他のスクールと迷っている


最後までお読みいただければ、上の悩みの解決に繋がります!

目次

Webマーケティングスクールを受講するメリット3選

まず初めにWebマーケティングを勉強する上で、スクールに行く意味あるの?って思う人は多いです。


私も受講する前はその一人でした。


相場はおおよそ30万以上し高いところですと70万近くするところもあります。


慎重に意思決定する必要があります。


では、実際に受講することによってどんなメリットがあるのでしょうか。

現役のWebマーケターから学ぶことができる

実際にBMPもそうだったのですが、講師の方は現役でマーケターの方でした。

課題に対して現役のマーケター視点でアドバイスコメントをいただけて勉強できるのは、スクールの強みです。

本や参考動画等で自分で勉強するのもありですが、壁にぶつかった時に相談できる講師がいることで、挫折やわからないところピンポイントでアドバイスがもらえるので効率が良いです。

自分で受講料を払った場合、モチベーションと挫折防止になる

冒頭でもお伝えしましたが、Webマーケティングスクールは決して安くない金額です。

三日坊主や継続が苦手な人でも比較的続けることができます。

30万を簡単にドブに捨てる人はいないです。

自己投資した分、独学よりもモチベーションが高まり挫折する確率は低くなります。

卒業後のサポートや転職支援をするスクールもある

実際に卒業してから、Webマーケターとして転職支援をしているスクールが多いです。

スクールや受講するコースによっては、転職支援してくれないこともあるので注意が必要です。

サポートも転職支援も独学では得られないメリットです。

卒業した際は、有効活用しましょう。

Webマーケティングスクールのデメリット3選

「よしっ!明日から受講しよう!」となるのはまだ早いです。

世の中には裏と表があるように、Webマーケティングスクールにも裏と表があります。

メリットばかりではないので、デメリットもしっかり把握しておきましょう。

タイトな勉強時間の確保が必要

スクールを短期間で卒業し、Webマーケターになれるということはそれだけの毎日の勉強時間が必要となります。

私の場合は、会社勤めでしたので三ヶ月間毎日夜中に課題をやる時間を2~3時間確保したり休日に時間を作ったりと
タイトなスケジュールでした。

しっかりと三ヶ月なら三ヶ月で逆算したスケジュールの管理が必要です。

逆に時間を作ることが難しい方は、独学でコツコツと毎日少しずつ自分のペースで勉強するも良いでしょう。

単純に受講料が高い

数十万の費用がかかるため、まとまったお金を準備する必要があります。

普段生活しているなかで、30万~70万を考えずに出せる人は少ないです。

私も受講を決める時は、かなり悩みました。

自分が学びたいことが学べない可能性がある

スクールの数が多いので、自分が学びたいことをしっかりと明確化しておかないといけません。

リスティング広告について学びたかったのにSEOがメインのスクールですと、自分がやりたいことは達成できないです。

受講を決める前に、スクールのカリキュラムをしっかりと確認しましょう。

Break Marketing Programをおすすめする理由7選

ここまででWebマーケティングスクールに受講するメリット・デメリットを書いてきました。

では、BMPはどうなのかと思う人のために、実際に卒業した私の視点からおすすめを7つ紹介していきます!

けけけ

一番気になるところだと思いますので、参考にしてください!

未経験の方でも基礎から徹底した課題が用意されています

私もそうだったのですが、Webマーケティングには少し興味があり参考書を読んだ程度の知識しかなく最初は不安な部分もありました。

BMPの場合は、Webマーケティングの世界観マーケターの心意気からWebマーケティングの中では必須の用語(検索ボリューム/imp/CT/CTR/CV/CVR/LTV/ROI/ROAS等)を覚える課題から始まります。

プログラムの中には、フレームワークを用いる課題等あるので未経験の方にはありがたいプログラムとなっております。

チャットワークで円滑なアドバイスを講師の方が行ってくれます

講師の方とは、基本的にチャットワークでのやりとりを行います。

プログラムを進めていく中や課題を行っている中で、どうしてもわからない場合はチャットでアドバイスを聞くことができます。

自分で調べることを大切にしているBMPですので、講師の方も答えは教えてくれない感じで自分で考えるためのアドバイスをしてくれるので、理解度があがります。

課題のボリュームがびっしり詰まっている

卒業して私が感じたことは、課題の量が尋常じゃなく多いことです。

三ヶ月コースで三ヶ月間の中で一日たりとも休む時間を与えないため、飽き性の私でも毎日継続することができました。

BMPのプログラム上、週18時間の時間を確保しないと卒業できない可能性があります。

その分、知識は勿論、三ヶ月やりきった達成感は自信に繋がりますし、パソコンと向き合う習慣がついたりと様々なメリットがあります。

講師との週報による理解度アップ

BMPは毎週課題を進めたもの、学んだことを週報でまとめて講師に提出することを三ヶ月間行います。

課題をやっていく中で、インプットしたものを一週間に一回まとめてアウトプットできるので、理解度しやすいです。

習慣化されるので、期限を守ることもWebマーケターの大事な仕事の一つで身につけることができます。

卒業後でも、いつでもカリキュラムを見直すことができる

受講開始とともにマイページが普及されるので、卒業後でも実践する中で立ち止まってしまった場合は、カリキュラムを見直すことができます。

私も課題で実際しようしたスプレッドシートやドキュメントは今も見返しながら理解を深めております。

講師による課題の添削が理解を深める

課題を提出しないと、次の課題に進めないシステムなので膨大の量の課題ですので焦る時もあります。

その中で、課題は毎回講師に提出して見ていただき、アドバイスやコメントをいただけます

「確かに!」って思うことが沢山あり、答えは教えてくれないので自分で考えてから再度提出するので自然と理解がふかまります。

休学制度がある

私は、使用しませんでしたが休学制度があります。

体調を崩してしまい1~2週間課題が進まない状態の時などに修了期間を伸ばすことができる制度です。

いつ体調を崩したり、事故にあってしまうかわからないので安心の制度です。

まとめ|BMPを卒業して

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!

BMPを卒業してから実際に役に立っていることは、

・自社のリスティング広告運用
・クライアント様のリスティング広告運用
・市場調査
・日々LPや広告の訴求分をPDCA回す
・PPCアフィリエイト

この他にも学んだことは沢山ありますが、今現状はメインで上の業務を行っております。

未経験な私がリスティング広告を運用できるようになったのも、BMPを受講したからです。

受講しての簡単な感想

正直に、軽い覚悟だと卒業までできない可能性がある課題の量があります。

ただその分勉強になりますし、卒業した後はこれだけの課題をやりきったと自信がつきます。

後は、「日常で見える世界が変わる」と講師の方が仰っておりましたが、本当に見える世界が変わった気がします。
電車などの広告を見るにしても、「このデザイン良いな。/このキャッチ良いな。」など考えますし、広告は広告と理解できるようになりましたし、「これは、マーケティングの戦略だな。」と勝手に仮説したりと。

私は営業もやっているのでカスタマージャーニーを理解することによって、この人は今どこの段階だろうと考えながら営業トークにも反映できるのもBMPのおかげだなと思っております。

他にも沢山ありますが、この辺で。
大変感謝しております。

少しでも、興味がある方はWebマーケのスクールを受講することをオススメします!

本当に見える世界が変わりますよ!

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

辻調理師卒/料理歴10年以上
働いたことがあるキッチン
フレンチ・イタリアン・カフェ・ベトナム料理・高級焼き鳥・和食。

現在はベンチャー企業のリーマンです。
営業・現場責任者・マーケティング・新規事業。

料理人時代の経験を活かした料理レシピ・現在のベンチャー企業で波乱万丈から学んだ経験等を配信しています。

目次